スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)

 家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫の問題で宮崎県は24日、新たな感染疑い事例が発生していない同県えびの市を中心に家畜の安全性検査を始めた。異常がなければ家畜伝染病予防法にのっとり、6月4日に家畜の移動・搬出制限が解除される見込み。同県川南町などを中心とした別の制限区域は検査の対象外。
 同市で最初に感染疑い例が出た農家から半径3キロ圏内を中心に採血や目視で検査を実施する。同市では13日以降は感染疑い例が発生していない。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
ヤギにも感染の疑い=口蹄疫
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相
ワクチン、2日で半数接種=種牛49頭は救済困難

読広コムズ元社員、5500万円詐取容疑で逮捕(産経新聞)
口蹄疫 家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
病院の病床、9か月ぶりに増加−2月末概数(医療介護CBニュース)

枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は13日夜の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が衆院政治倫理審査会の出席に前向きな意向を示したことについて、「現在の説明に納得していないかなりの人達に納得してもらうことが説明責任だ。その実現を期待している」と述べ、説明責任を果たすことに期待を示した。

【関連記事】
中曽根氏が自著で小沢氏を評価 小泉氏は「期待外れ」
小沢幹事長 がん体験を披露
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明
小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に
小沢氏再聴取へ 今度こそ疑惑解明求める
少子化を止めろ!

電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?(産経新聞)
<将棋>両者がっちり組み合う 名人戦第4局2日目(毎日新聞)
堀内氏、地元で堂々“第一声”「初回は三者凡退だ」(スポーツ報知)
千葉・白井でパチンコ店強盗、360万円奪う(読売新聞)
<殺人>夫婦の焼死体発見 長男を容疑で逮捕 静岡・磐田(毎日新聞)

年に1度「幻の滝」 長野・樽滝(産経新聞)

 年に1日だけ水が流れることから「幻の滝」として知られる長野県木島平村の樽滝(たるだき)が8日、姿を見せた。発電所の余り水を流していた落差約50メートルの人工滝。昭和62年から近くの祭りにあわせ毎年5月8日だけ放流されている。

 気象庁によると木島平村付近では20.1度を記録したほか、関東から九州では6月下旬〜7月上旬並みの陽気となった。東日本から西日本では9日もおおむね晴れる見込み。

【関連記事】
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」
諏訪湖見下ろす朝焼けの富士 長野県塩尻市「高ボッチ高原」

<痴漢>逮捕77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり(毎日新聞)
雑記帳 半平太の慰霊祭に60人参加 龍馬の幼なじみ(毎日新聞)
週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)
<谷亮子氏>参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
途上国支援大会 タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)

恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)

 河村たかし名古屋市長は、19日に開会した臨時市議会に、恒久的な市民税10%減税を実施するための条例改正案を提出した。市民税減税は市長の最大の公約で、市議会は昨年12月に一度は恒久減税条例案を可決したが、この3月には平成22年度に減税を限定する内容に改正していた。

 河村市長はまた、年間約1600万円の議員報酬を半減させる条例改正案も提出。これまで並行して成立を目指していた議員定数半減条例案の提出は見送った。

 議員報酬半減などをめぐって市長と議会側の対立は深まっており、恒久減税条例案の臨時議会での成立は難しいとみられる。市長の支援団体「ネットワーク河村市長」は、市議会の解散請求(リコール)に向けた活動を始めている。

最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)
国際協力機構の運営費縮減…23日事業仕分け(読売新聞)
<愛知5人殺傷>めい殺害容疑で再逮捕 (毎日新聞)
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ専務に昇格(レスポンス)
「あきらめない」拉致解決へ12年目の国民大集会 (産経新聞)

金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)

 金賢姫元北朝鮮工作員の5月中の日本招請に向け、中井洽(ひろし)拉致問題担当相が今月下旬に訪韓を計画するなど、韓国側との詰めの協議をしていることが15日、分かった。関係者が明らかにした。金元工作員の来日をめぐり、日本側はすでに外交ルートを通じて韓国側に協力を要請。韓国側は協力的な姿勢を示しているとされる。

 中井氏の訪韓に先立ち、外務、警察両省庁は近く、担当官を現地に派遣するなど連絡体制を強化し、実務者間での調整作業に入る方針。

 中井氏は拉致問題の解決へ向け、日韓が連携して取り組む姿勢を内外に示すため、日米韓などの市民団体が今月25日からソウルで開く「北朝鮮自由週間」の関連行事に出席する方向で調整している。金元工作員の来日をめぐる韓国側との協議はこの滞在期間中に実施されるとみられる。

 金元工作員は昨年3月、拉致被害者の田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(71)と韓国で面会。その後、日本政府関係者と面会した際、横田めぐみさん=同(13)=と北朝鮮で「会ったことがある」と証言している。

 韓国政府内には当初、南北関係への配慮から「(来日は)難しい」との見解があった。しかし、日本との信頼関係を重視する李(イ)明(ミヨン)博(バク)大統領が「(拉致という)人権問題と南北関係は別」との立場を示しており、韓国政府は協力姿勢に傾いているとみられる。

【関連記事】
黄長ヨプ氏来日 故金日成主席側近 拉致被害者らに面会も 
「日米韓で解決に全力」中井担当相が拉致現場視察
金賢姫元工作員の招致で中井国家公安委員長「当然取り調べ」
「拉致家族に慰労と勇気を」 金賢姫元工作員が新年に手紙
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認
外国人地方参政権問題に一石

介護サービス受給者、前月比1万人減―給付費実態調査・2月審査分(医療介護CBニュース)
民主党、大阪・岡部氏…全3人区に2人擁立(読売新聞)
ツヤツヤイチゴをどっさり乗せて イチゴのタルト(産経新聞)
旧海軍幹部の証言集刊行=内部批判、政府や陸軍に不満も−井上元大将ら・水交会(時事通信)
<初代ミニ新幹線>400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)

金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)

 金賢姫元北朝鮮工作員の5月中の日本招請に向け、中井洽(ひろし)拉致問題担当相が今月下旬に訪韓を計画するなど、韓国側との詰めの協議をしていることが15日、分かった。関係者が明らかにした。金元工作員の来日をめぐり、日本側はすでに外交ルートを通じて韓国側に協力を要請。韓国側は協力的な姿勢を示しているとされる。

 中井氏の訪韓に先立ち、外務、警察両省庁は近く、担当官を現地に派遣するなど連絡体制を強化し、実務者間での調整作業に入る方針。

 中井氏は拉致問題の解決へ向け、日韓が連携して取り組む姿勢を内外に示すため、日米韓などの市民団体が今月25日からソウルで開く「北朝鮮自由週間」の関連行事に出席する方向で調整している。金元工作員の来日をめぐる韓国側との協議はこの滞在期間中に実施されるとみられる。

 金元工作員は昨年3月、拉致被害者の田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(71)と韓国で面会。その後、日本政府関係者と面会した際、横田めぐみさん=同(13)=と北朝鮮で「会ったことがある」と証言している。

 韓国政府内には当初、南北関係への配慮から「(来日は)難しい」との見解があった。しかし、日本との信頼関係を重視する李(イ)明(ミヨン)博(バク)大統領が「(拉致という)人権問題と南北関係は別」との立場を示しており、韓国政府は協力姿勢に傾いているとみられる。

【関連記事】
黄長ヨプ氏来日 故金日成主席側近 拉致被害者らに面会も 
「日米韓で解決に全力」中井担当相が拉致現場視察
金賢姫元工作員の招致で中井国家公安委員長「当然取り調べ」
「拉致家族に慰労と勇気を」 金賢姫元工作員が新年に手紙
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認
外国人地方参政権問題に一石

小麦粉7割の「深大寺そば」製造会社をJAS法違反で書類送検(産経新聞)
介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)
モノクロで「森」表現(産経新聞)
平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)

<現金輸送車襲撃>2被告、起訴内容認める 津地裁初公判(毎日新聞)

 三重県鈴鹿市のJA鈴鹿で09年3月、現金輸送車を襲い、現金約2億円を奪ったなどとして、強盗と窃盗などの罪に問われた住所不定、元暴力団員、鳥山征児(37)と同、無職、井上昭生(37)両被告の初公判が14日、津地裁であった。強盗罪については否認していた両被告は起訴内容を認め、窃盗罪については鳥山被告が否認し、井上被告は認めた。

 起訴状によると、両被告は09年3月18日午前7時ごろ、JA鈴鹿の東側通用口付近で、現金輸送中の警備員らに拳銃を突き付け、現金計2億1000万円入りのかばん2個を奪ったとしている。また、3月9日から10日にかけて、井上被告の兄の正道被告(43)=窃盗罪で起訴=と共謀し、同県四日市市内で襲撃に使用した乗用車を盗んだとしている。起訴内容への認否で、鳥山被告は「車(を盗んだこと)は知らない」、井上被告は窃盗罪について「鳥山(被告)とはやっていない」と述べた。【大野友嘉子】

殺人未遂 警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
山崎直子宇宙飛行士 物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
パワーウインドーご注意 乳児挟まれ小指切断(産経新聞)
ドラマ「カバチ」でTBSに抗議=「行政書士が示談交渉」−大阪弁護士会(時事通信)
<動物死骸>葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警(毎日新聞)

【視点】日本の宇宙開発 有人計画、戦略練る転機(産経新聞)

 日本人を乗せた最後のスペースシャトルが宇宙に飛び立った。日本が20年近くにわたり飛行士を送り込み、多くのノウハウを学んできたシャトルは9月に引退予定で、対米依存一辺倒だった日本の有人宇宙開発は大きな転機を迎える。

 日本人飛行士は今後、ロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かう。ISSの運用は2020年まで延長される見通しで、日本はシャトル搭乗で培った有人技術の経験を土台に、実験棟「きぼう」の利用に力を注ぐことになる。

 ただ、きぼうの経費は年間約400億円に上る。財政状況が厳しい中で、宇宙関連予算の大きな圧迫要因となっており、将来の芽となる新たな研究開発の財源不足を招きかねない。きぼうの賢い利用法を常に追求していく必要がある。

 日本の宇宙開発の最大の弱みは独自の有人船を持たないことだ。ISSの無人補給機「HTV」を有人仕様に発展させる構想もあるが、巨額の予算投入には国民の幅広い理解が不可欠で、議論は具体化していない。

 シャトルからの卒業を機に、政府は有人宇宙開発の長期戦略を真剣に考えるべきだ。(小野晋史)

【関連記事】
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
“シャトル卒業”日本の有人宇宙開発に転機
最後の日本人搭乗 広がった活躍の場
山崎さんの長女「宇宙で頑張ってほしい」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在(J-CASTニュース)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす−−大阪・寝屋川(毎日新聞)
亀井案を容認=「閣内にいるから」−仙谷氏・郵政改革(時事通信)
<南房総市長選>石井氏が無投票再選 千葉(毎日新聞)
「弁護士バー」、12日にオープン=東京・渋谷に「身近な存在」(時事通信)

石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)

 自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相(71)と無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)らは5日夕、都内で会談し、今週中の新党結成を確認した。会談には、この日離党届を提出した園田博之衆院議員(68)に加え、石原慎太郎・東京都知事(77)が飛び入り参加した。ただ、年配者が多く、政策も微妙に異なる「与謝野・平沼新党」への参加に二の足を踏む議員も出てきた。当初予定していた8日の結成は10日に先送りされる方向で、新党の先行きは不透明だ。

 東京・渋谷区のレストランで開かれた会合には、園田氏や離党を検討中の藤井孝男元運輸相(67)も出席した。基本政策やメンバー、党名について協議。支援を買って出た石原都知事も加わった。

 大物同士の“合体”だが与謝野、平沼両氏の政治理念や政策には異なる点が多い。この日は「増税も視野に入れ、経済対策と財政再建を車の両輪として取り組んでいく」ことで合意したが、双方のメンツを立てた両論併記の印象はぬぐえない。8日予定の旗揚げは10日に先送りされ、新党は不安な船出となりそうだ。

 与謝野、平沼両氏は東京の麻布高校で机を並べた同級生で、ともに衆院当選10回。一時は同じ派閥に所属したことがあるが、具体的な政策では違いが鮮明だ。

 元財務相の与謝野氏は財政再建を目指した橋本内閣で財政構造改革法の立案にかかわるなど筋金入りの財政規律派。小泉内閣で郵政民営化を推進した。「経済、財政、国民の安心安全」を政治信条とする「リベラル保守」。

 一方の平沼氏は、郵政民営化を徹底的に批判し、自民党復党も拒否した硬骨漢。「真性保守の再生」を訴え、自主憲法制定や対北朝鮮強硬路線を掲げるなど、政界きっての「タカ派」として知られる。

 政策の軸が見えないせいか、新党合流に慎重な議員も出てきた。2008年の総裁選で与謝野氏を擁立した後藤田正純衆院議員(40)は「今新党に行くことは絶対にない」と明言。自民党の中堅若手は多くが冷ややかだ。昨夏、平沼氏の支援を受けて国政復帰した城内実氏(44)は合流に否定的な発言をする一方「(平沼氏のもとで)ぞうきんがけでもやる」と揺れている。

 平沼氏も寄せ集め感を避けたい意向。新党参加を理由に離党の意向を幹部に伝えたことが判明した鴻池祥肇元防災担当相(69)と、連携をめぐって6日に会談予定の鳩山邦夫元総務相(61)は結党メンバーには入らない見通しを示した。政党要件を満たす5人目の国会議員については、自民党の中川義雄参院議員(72)と協議していることを明らかにした。

 党名は4つ程度に絞り込んだ。夏の参院選比例代表に候補者擁立を目指していることから親しみやすい平仮名の党名が候補に挙がっているという。

 与謝野氏はこの日、政界の師である中曽根康弘元首相や青木幹雄参院議員にあいさつ。ベテランが全面に出る新党が、どれだけ広がりを見せられるか。

 【関連記事】
藤田まことさん幻の作品…慎太郎知事「主役決めてた」
慎太郎都知事「自業自得」!朝青龍も協会もバッサリ
ミッキー安川さん通夜…石原知事ら700人悼む
石原都知事、草ナギに同情…「少し騒ぎすぎ」

連合会長、静岡会長の発言めぐり小沢氏に謝罪(産経新聞)
益川塾 京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)
自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)

市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」−地域主権戦略会議(時事通信)

 政府は31日、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)を首相官邸で開き、自公政権下で設置された地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が都道府県から市町村に権限を移譲するよう法改正すべきだと勧告した384事務に対する各府省庁の回答状況を明らかにした。「勧告通り見直す」「一部見直す」とした回答は99事務で全体の26%にとどまった。都道府県・政令市が持つ公立小・中学校教職員の人事権を中核市(30万人以上)にも認めることなど残りの285項目(74%)は「移譲困難」とし、理由として「市町村の事務処理体制が整っていない」ことなどを挙げている。
 首相は席上、「非常に不十分だと申し上げるしかない」と不満を表明。ゼロ回答だった農林水産、環境両省を名指しして「話にならない」と苦言を呈し、政府が6月にまとめる「地域主権戦略大綱」に向け、「今まで以上に加速度を付けて、思い切って(省庁の)考え方を変えさせなくてはならない」と語った。メンバーの橋下徹大阪府知事も「自治体サイドから見れば、絶対全部移譲できる」と強調した。 

【関連ニュース】
市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答
「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ

センバツ 開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
長崎の産婦人科医会がカンガルーケアの注意喚起へ(産経新聞)
足利事件あす判決 菅家さんに聞く「真実明らかに」(産経新聞)
首相動静(3月30日)(時事通信)
桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所 北海道・東北
情報商材レビュー
カードでお金
無料ホームページ
現金化口コミ
現金化
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    カナ (08/26)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    パトラッシュ (05/03)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    志波康之 (01/13)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    道隆 (01/03)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    タンやオ (12/29)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    きんちゃん (12/17)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    ちょーたん (12/12)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    夜沢課長 (12/08)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    ポロネーゼ (12/04)
  • えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
    さもはん (11/25)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM